美しさは綺麗な肌が命~保湿化粧品情報局~

女性

乾燥を予防する化粧品

メイク

コラーゲンで潤いアップ

洗顔をしたあとは肌から水分が奪われた状態になっているので、保湿効果のある化粧水や乳液を使ってしっかりスキンケアをする必要があります。保湿化粧品によく含まれているのが「コラーゲン」です。コラーゲンは年齢を重ねるごとに減少していき、たるみや皺の原因となります。保湿化粧品を使うと角質層にコラーゲンが浸透して内部から潤い、乾燥を予防できます。コラーゲン配合保湿化粧品が配合している成分には、大きく分けると高分子コラーゲンと低分子コラーゲンがあります。高分子コラーゲンは持続性があり、低分子コラーゲンは浸透力が高く効き目が早いという特徴があります。どちらにもメリットがあるので、できれば両方とも配合した保湿化粧品がお勧めです。

浸透をよくするコツ

ちょっとした工夫をすることで、基礎化粧品の保湿効果を高めることができます。簡単に作れて経済的なのが「ホットタオル」です。ホットタオルを顔にあてることで角質がやわらかくなって毛穴が開き、化粧水の浸透力が高くなります。ホットタオルは水でぬらしてしっかり絞ったフェイスタオルをレンジで1分ぐらいチンすれば作れます。「フェイススチーマー」があるなら洗顔後にスチーマーを使えばさらに化粧水の浸透がよくなります。スチーマーは洗顔をする前にも使用できます。メイクの上からスチーマー使用することで、メイクの油分が浮き上がります。そうするとクレンジングのときにゴシゴシ顔を擦らなくてよくなり、摩擦による肌への負担が減ります。

Copyright© 2015 美しさは綺麗な肌が命~保湿化粧品情報局~All Rights Reserved.